鞄ができるまで

  • 量産前

    サンプル制作

    1スケッチ制作
    ご要望を受けてラフなイメージ図と寸法、資材などの打合せを行います。
    2パターン制作
    実際にサンプルを作成するにあたり同時進行でパターン(型紙)を起こします。
    鞄は、単純な物でも10点、ベルブリザバッグでは45~50点の型紙になっています。
    3サンプル制作
    量産には必ずサンプルが必要になります。修正点などの確認も必須です。
  • 量産受注後(鞄は基本的に受注生産なので時間が掛かります)

    資材準備

    1、生地の準備
    生地を実際に鞄用に使うために、様々な加工をします。
    (ホツレ止めを主目的にして、用途に合わせた加工です)
    定番のアクリル樹脂やPU樹脂・HPRなどのコーティング、PVC・他の生地・ウレタンフォームなどのボンディング等様々です。主に裏加工になります。
    2、パーツ類の準備
    金具類のメッキ処理・テープ類の染色⇒織を製品に合わせて作業します。
    3、裁断刃型制作
    複雑なパターン(型紙)に合わせて、各々の刃型を制作します。ベルブリザは約30型の刃型があります。
    4、オプション品の準備
    織ネーム・プリントネーム・印刷・刺繍等は、まずデザイン版下が必要になります。
    版下を基に、織ネーム・刺繍は型を、プリントネーム・印刷は版を制作します。
  • 縫製前準備

    パーツ準備

    1、生地の裁断
    専門の裁断職人が、鞄の最終形を基に生地の特性に合わせて刃型(抜型)や手裁ちを行います。
    2、パーツ類の加工
    ファスナーやテープ類・マジックテープなどそれぞれのパーツに合わせてカットや加工をします。
    3、印刷・刺繍等
    印刷や刺繍は、縫製前に全て仕上げをします。
  • 縫製

    縫製

    1、部分縫い
    各パーツの縫い付けを工程毎に行います。例として、ファスナーの取り付け・テープ類の取り付け・持ち手の作成・ポケット制作・・・・数十工程に及びます。
    2、地縫い
    部分縫いで制作した各パーツの補強を兼ねて縫い合わせます。完成品では見えない部分になります。
    (重要な工程で、コストが最もかかる部分です)下段にベルブリザの事例があります。
    3、纏め(本縫い)
    纏めテープなどを使い、鞄の形に仕上げます。
    4、仕上げ
    纏めで仕上がった物は裏返しになっていますので、まず内側の糸やテープ端の処理を行います。
    その後、表に返して形を整え最終的な糸処理などを行い完成します。
  • 部分縫い・地縫い・纏め縫い

    ベルブリザバッグ縫製

株式会社リオグランデ 鞄製造卸 ベルブリザドクターバッグ直販